整理などもしつつ。

ルーンブック整理したよ。
c0184233_12232258.jpg

解りにくいけど、左列5つと隣の上1つまではトランメル。
上から銀行、MLダンジョン系、Tダンジョン系2つ、アンク、墓場など。
c0184233_12233162.jpg

ま、こんな感じ。

ダンジョンを英語名にした方がかっこいいかと
思ったけど、使うので言うと日本語の方が分かりやすいかもと言う事で
こうなりました。


左列2番目上から2つ目はマラス。
トレハンでも意外に使う遠い場所なども。
マラスは目印少ないねー。
まだこの範囲で補えてるので1冊のみ。

左から2列目下3つはフェルッカ。
銀行とMLダンジョン、Fダンジョン、個人的に行く場所wなど。

右から2列目上3つはテルマー。
クエスト1冊と割と行く場所。整理が済んでません。
テルマー網羅したっぽいルンブックも持ってるんだけど
まだこっちには置いてない。

右から2列目下2つがトクノ。
ダンジョン系とアンクなども一応。


右1はプライベートでよく行く友達の家で
こっちは共有者までにしています。
1冊にまとめれる程個人的に行く場所が少ない・・・とか
TとF一緒にすると何かバグあるぽいのでTはTでまとめて
結果歯抜け状態のみっともないルンブックです。
あんまり見られたくはないですね。

ギルメンの家に行きたい場合はGHのおぢさん家などに設置されてる
ルンブックから行けるハズなので、そちらを利用しましょう。
ちゃんと網羅しているエライ人が居るはず・・・なので。

分かりやすくトランメルなら青、フェルッカなら緑みたいに
ルンブックも分けたらいいんだろうけど
この色パッチレアのルンブック染めタブで染めた青みたいなので
もったいなくて出来ませんw色綺麗だし。
この本売ってたお店はもう売らなくなったからとても貴重。

タブもいっぱい数あってもねって気もするから
1つでいろんなもの染めれるようにすればいいんじゃないか?
次に染めれるようになればいい色合いは
トリック布や5年目で貰える金属染めでグラデになるやつ。
あれが布でも出来るようになればおなかいっぱいです。


・・今のうちのギルドの状態は一体何だろう。
ギルマスどこ行ったのかしら。
忙しいからだろうけどほぼ不在・・・。
前はよくヘイブン裏とか集まってたね。
あれはおぢさんの人柄や人望が大きかったのではと
改めて思います。

今はめったに人居ない気がする・・・とか、集まる人も限られてるし
知らない人の方が多い気もするし、どうせ人居ないだろうとヘイブン寄ったら
知った名前の文字見えて、ちょっと近寄ってみたら、
放置なのか無言で立ちつくしてるだけてのも割とあるね。
裏(メッセとかそういう何か)でしゃべってるとか、完全放置も
あるのだろうけど。

何が言いたいかと言うとしょっちゅう裏でしゃべってそうな人って
せっかくUOしてるのに何でUO内で話さないんだろうと素朴な疑問です。
よっぽどまずい話か逆にどうでもいい話?
そいう人の前を通って銀行寄るの
すごく・・・立ち寄りにくい・・・。
ヘイブンがますます遠い。

・・・ついに思ってた事書いてしまったわ。




ゆっくり実況はコレを観て行きます。

大坂さんのゆっくりは文章がちょこっと長いけど
STALKER良かったので観よう。
最初この1をちらっと観たけど読み込み長かったので
放棄したんだ・・。



今、2話目まで観たけど、1話より面白くなって来た。
大坂さんがびびりなので怖い作品も何か面白くなるよ、不思議。
かなり長い事主人公=大坂さんと共に作品と付き合う事にもなるので
愛着もかなり沸いて来るし。
・・・しかし・・この作品(石村て言うらしいです)モンスター(エイリアンか?)が
かなり気持ち悪い・・ヤバイ・・・・。
主人公が死ぬ時もかなり厳しい・・さっき首が胴と離れてたよ・・・(υ´Д`)。
自分じゃとてもプレイ出来そうにないので、ゆっくり実況ありがたいね。



後このゲーム、インストールした後が大変そうです。
以下、Wiki引用。

不正コピー防止ソフト問題
エレクトロニック・アーツではWindows PC向けゲームに対し、ソニーが開発した不正コピー防止ソフト「SecuROM」を採用しており、本作にもこのソフトウェアが含まれている。

ゲーム本体をインストールした際には「SecuROM」も秘密裏にインストールされ、ユーザーから見えない形で常に動作している。インターネット経由で認証を行い、3回ないし5回以上のゲームのインストールを拒否する。

ゲームをプレイしていない時にもバックグラウンドで稼動し、PCの処理能力の低下、iPodやUSBメモリなどの周辺機器が使用不能になる等の不具合を引き起こす事態が指摘されている。又、「SecuROM」はゲーム本体をPCから削除した後も常駐し続け、通常の手順で削除はおろか、Windows自体をクリーンインストールしても完全な削除は不可能である。

アメリカのカリフォルニア州では、「SecuROM」の組み込まれたゲームを購入したユーザーが、「SecuROM」をPCから削除できずに不利益を被ったとして、エレクトロニック・アーツに対して集団訴訟を起こしている[2]。

なお、エレクトロニック・アーツは「SecuROM」に関連した対応として、「SecuROM」がPCへのインストールを認証する回数をリセットし、再インストールを可能とするツール「EA De-Authorization Tools」をリリースした[3]。



怖・・・・・(゚д゚lll)。
[PR]

by cerruti | 2011-04-10 12:31 | UO | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://cerruti.exblog.jp/tb/16169982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。